きものブレイン

アフターケアきもの総合加工事業

きものの汚れやしみは様々です。きものの状態を確認し、しみ抜き、修正、染め替えなど、技術と経験豊富な技術者が対応いたします。また、丸洗いや、水や汚れを付きにくくする撥水加工できものライフをサポートします。

丸洗い

丸洗いは、きもの全体の汚れをすっきりときれいにします。シーズンの終わりやしばらく着ない場合におすすめです。

丸洗いで落ちる汚れ

丸洗いの主な流れ

  • 袖口、衿などを予洗い
  • ネットに入れ丸洗い機へ
  • 臭気抜き

修正

きものの様々な「困ったこと」に対応いたします。きものの状態や汚れにあわせて専門的な手法で処置をいたします。

しみ抜き

ついて間もないしみや汚れの処置をおこないます。
しみや汚れの種類は様々です。

※きものを着た後は汗をかくことが多いので、汗抜きをおすすめします。

黄変抜き(黄変直し)

しみや汚れは放置しておくと酸化して黄変します。黄変はとても頑固なため、丸洗いやしみ抜きでは落とせません。

黄変抜き(黄変直し)の流れ
  • タンスから取り出したら黄変が
  • 薬品を使って黄変を抜くと地色まで抜けます
  • 色を掛けて地色と同色に仕上げます
黄変抜き(黄変直し)のできない一例

工芸修正

美術品の修正作業に似ています。柄を付け足したり、箔直しをして汚れを隠します。しみが抜けない個所に柄を描き足したり、柄が派手になったきものを地味にします。まわりの色柄と調和させ修復・補正を行います。

  • 箔がはがれているきもの
  • まわりの色柄と調和させ、修復・補正をします

ヤケ直し

ヤケは部分的な退色で原因は様々です。色の濃淡を専門道具(ピースガン)で、掛け合わせていく超難度のワザです。広範囲な色ヤケにも対応可能です。
ヤケの範囲や程度、生地の濃度などさまざまな要素がかかわるため、一見しただけで見積もるのは困難です。

  • たたんだ部分が退色
  • 色を掛け合わせて補正します

染め替え

きものの地色や柄を染め変えることで、雰囲気が変わります。
お好みや用途、きものの状態に合わせた染め替えをお楽しみいただけます。

  • 染め替え前
  • 染め替え後

洗い張り

本仕立てのきものを解き、洗剤を用いた水洗いで汚れを落とすきものの伝統的な洗濯法です。
洗剤とブラシで汚れを落とします。

仕上げ

きものが大喜びする「ふっくら仕上げ」です。きもののすべての加工に「ふっくら仕上げ」が付いています。
アイロンを生地にあてずに蒸気を吹きかけ仕上げます。蒸気はバキューム装置で取り去ります。

保管パック

収納スペースにお悩みの方に「シルクパック」「しあわせパック」がおすすめです。
しばらく着用予定のないきものや子供の祝い着、思い出の振り袖などに最適です。保管パックでスペースがより有効に使えます。

メリット
「シルクパック」-再利用ができます

シルクパック1枚にきもの、襦袢、帯のワンセット程度が入ります。

袋の中の酸素を完全に抜いて窒素ガスを注入します
コンパクトにまとまります
「しあわせパック」-再利用できません

着用予定のないきものを保管するのに最適です。
大サイズ/6枚入れ 小サイズ/1枚入れ

虫干し加工

オゾンの力でカビや雑菌を殺菌。しょうのうやカビ、タバコの臭いもカット。湿気を取り除き、きものをふっくら仕上げる効果もあります。

お問い合わせ

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。