きものブレイン

障害者雇用取り組み・活動

障害者雇用

障害者が安心して働ける職場を提供すると共に、障害をもつ社員も目的を持ち社会参画を目指すことを目標に、平成元年より雇用を開始しました。一般社員と障害を持つ社員がしっかりと当社を支えています。

障害者雇用

雇用人数:計32名
実雇用率:14.76% (法定雇用率2.2%)
(2019年4月現在)

雇用の内訳

種別 人数
知的障害者 12
身体障害者 8名(車椅子使用 3名)
視覚障害者 2名
聴覚障害者 3名
内部障害者 3名
精神障害者 4名

主な職種

たとう紙紐付け、巻取り、シュレッダー・パッキング作り、検針、事務雑役、加工補助、タオル洗い、昼食準備、データ入力、入出荷、機械加工管理、輸出入管理、商品管理補助、帯仕上げ、きもの仕上げ、修正デザイン、縫製、紋加工、加工補助

たとう紙紐付け
データ入力

障害者雇用の取り組み

■障害者支援委員会を設置
障害者支援委員会を設置して、少数の専門家ではなく大勢の素人集団でチームを作り、サポート体制を築いて支援しています。

企業内ジョブコーチを2名配置し、職場定着しやすい環境作りを行い、入社後の悩みや問題などにも対応しています。また、職域開発を行い、適材適所に配属しています。

※障害者雇用エッセイ集(当社前副社長 岡元眞弓 記)を無料で差し上げます。ご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
※厚生労働省障害者雇用支援総合ポータルサイト「ATARIMAEプロジェクト」内の「下村健一のクロス×トーク」のコーナーで、当社の障害者雇用の考え方や取り組み事例が紹介されています。

お問い合わせ

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。