Home > 未分類 > 大地の芸術祭(2012年)作品「浮遊」について

大地の芸術祭(2012年)作品「浮遊」について

「大地の芸術祭」は、越後妻有地域の里山を舞台に3年に1度開催される世界最大規模の国際芸術祭です。
昨年開催時に公開された体験型作品「浮遊」は当社協賛作品で、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内にて現在も展示されています。
この度芸術祭事務局より画像が届きましたのでご紹介いたします。

「浮遊」 カルロス・ガライコア(キューバ)(越後妻有 大地の芸術祭HPより抜粋)
都市に見られる無名の建物の形と、越後妻有地域に見られる家屋の形をリサーチし、いくつか類型を導き、小さな銀色の紙に切り抜いたものが大量に巨大なガラスケースの中でキラキラと粉雪のように乱舞する作品。2011年7月31日に水害の跡を視察した作家は、常に変化する自然にとって、人間の作る建造物の儚さと美しさも表現しているのかもしれない。

カルロス・ガライコア「浮遊」①(Photo by Osamu Nakamura)カルロス・ガライコア「浮遊」②(Photo by Osamu Nakamura)

越後妻有 大地の芸術祭HP
越後妻有アートナビ「浮遊」


トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kimono-brain.com/blog/wp-trackback.php?p=1255
Listed below are links to weblogs that reference
大地の芸術祭(2012年)作品「浮遊」について from きものブレインBLOG

Home > 未分類 > 大地の芸術祭(2012年)作品「浮遊」について

◆株式会社きものブレイン

株式会社きものブレイン
ご訪問ありがとうございます。
当ブログでは、株式会社きものブレインのサービス情報や会社内でのイベント等をお知らせしていきます。

◆LINK

株式会社きものブレイン

◆おすすめサービス情報

今まで正絹のきものは水洗いできないために家庭でのお手入れができませんでした。私達が開発した水で洗える正絹襦袢と正絹きもののふるるんは家庭での水洗いができる画期的な商品です。
きものの着付けができないというきものファンのために開発した、3分でキレイに簡単に着られるきものフィット仕立てをおすすめしています。
「さくら造り帯」は着付けの初心者の方や、体が不自由で帯結びができない方にも簡単に帯結びができます。
撥水加工 ドリームケア

Return to page top